糖尿病が血管病とは?

講師:安孫子 亜津子 (旭川医科大学 内科学講座病態代謝内科学分野 講師 旭川医科大学病院 糖尿病内科)

わが国では、糖尿病患者さんは約1000万人、その予備軍も約1000万人以上いるとても身近な病気です。糖尿病は最初のうちほとんど症状がありませんが、知らずに長い間そのままでいると、全身の血管病へと変化していく病気です。
どうして糖尿病になるのか、どんな血管の合併症があるのかなどを、お話しいたします。

1.どうして糖尿病になるのか (再生時間:19分47秒)

W3ClGJnLncs
 

2.世界の糖尿病の現状 (再生時間:8分40秒)

 
q2GRkeRNjJU

3.糖尿病のおもな慢性合併症  (再生時間:21分55秒)

zAIO79EXVRE